<民泊オーナー様向け>2019年後半、売上の傾向は?

0

     

    久々のブログとなりました。

     

    今年も残すところわずかとなってきました。

     

    今年の3月〜個人で民泊運営を数件受け持つようになり、本当に色々あった1年でしたが、

    おかげで大きなトラブルにも合わず、続けることができました。

     

    これも私と関わりを持ってくださった皆様のおかげだと日々感謝しております。

     

     

    さて、今年2019年、大阪ではホテルの建設・オープンラッシュと特区民泊の件数の急増により、

    大阪の宿泊施設は価格崩壊気味でした。。。というか、むしろ崩壊していますね。^^;

     

    日韓関係の悪化による訪日韓国人の激減、フライトも激減。

    香港でのデモも続き、訪日香港人も激減。

     

    台湾では中国大陸の人が台湾に行ってはダメ!という規制を強いたことにより、

    中国大陸の人が訪れない自国を楽しむ国内ツアーがトレンドに。

    よって訪日台湾人も激減。

     

    などなどの理由により、民泊オーナーさんの中には大きな赤字を強いられた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

     

    旅行業を20年くらいやってる私としては、こんなことは十分に想定される内容の範疇、いわゆるあるあるなんですが、

    不動産関係含む旅行業以外の方々も参入される中で、もしかしたらその他業界ではこんなことは想定外だったかも知れませんね。

     

     

     

    私が管理させていただいてる物件はそんな中でも前年比の売上・稼働率を大きく割ってる物件は出ませんでした。

    ポイントは色々あるのですが、これを読んでいただいてる民泊オーナー様はどのようにお考えになられるでしょうか?

     

    ・赤字続きで近々上がる見込みを感じないから撤退を検討。

    ・長期でダラダラ続けて、流行る時期が来るのを待つ。

    ・(代行会社などを使われてる方は)管理会社を変えてみる。

    ・予約サイトを増やしてみる。

     

    などなど。

    色んなことを考えられると思います。

     

     

    もし読者の方々の中に、お悩みポイントあれば、ぜひ共有お願いします!

    その共有の中から大きなヒントが見つかるかもしれませんねー。

     

     

    インスタはこちら。

    フォローよろしくお願いします!

    @jm_good_friends_

     


    | 1/2PAGES | >>